舞台「今度は愛妻家」公式サイト|戸塚祥太(A.B.C-Z)主演

INTRODUCTION

中谷・板垣コンビによって2002年初演、10年に映画化、14年にリニューアル版上演、さらに韓国版が15年初演、21年に再演された傑作舞台が、8年ぶりの上演決定!

日常よくいるダメ男、ダメ女たちが織り成す、カラッと笑えてほろっと泣けるストレートプレイ。作・中谷まゆみ、演出・板垣恭一のコンビで2002年に初演され、10年には行定勲監督、豊川悦司、薬師丸ひろ子が夫婦役で映画化。さらに14年には再び中谷・板垣コンビがリニューアル版を上演いたしました。その後韓国での上演や、国内でも劇団公演などはあったものの、ここ2年以上にわたるコロナ禍により日常が日常でなくなった現在、かつて当たり前だった笑いや優しさを再び取り戻すべく、満を持して中谷・板垣コンビの8年ぶりの上演が決定いたしました。

今回のキャストには、かつては売れっ子カメラマンだったものの、あることをきっかけに一年間無職で、今は日常をだらだらと過ごしている主人公、北見俊介役に戸塚祥太(A.B.C-Z)。このダメ夫を朗らかに支えつつ、子作りプレッシャーをかける妻・北見さくら役に三倉佳奈。俊介が最近知り合い、下心を持って接しているモデルの蘭子役に黒沢ともよ。俊介のアシスタントでその蘭子に好意を抱いている古田誠役に、関西ジャニーズJr.のユニットAmBitiousのメンバー浦陸斗。そして彼らが贔屓にするバーのママ、文太役に渡辺徹と、個性豊かな実力派キャストが揃いました。

5人が織りなすハーモニーから生まれる愛を見つけていただきたい、そんな想いがいっぱい詰まった舞台です。

ページトップへ